BLOGブログ

おはこんばんちは!東京中央です。

少し前になるのですが、先日だるま市に行ってきました。
蕎麦で有名な地元東京の古刹では、毎年3月の3日と4日にだるま市が開かれます。
因みに富士市・高崎市と並び、日本三大だるま市の一つに数えられてるんです。

 

勿論だるまを売るだけの行事では有りません、「厄除元三大師大祭」というお寺の最大の行事で、江戸時代の文献にもその様子が描かれているらしいです。盛大に行われるお練り行列の様子は、一見の価値有。

 

 

生憎の雨降りとなってしまいましたが、それでもなかなかの人出でした。

 

 

ダルマといえば、私はやはり赤のイメージですが、最近ではだいぶカラフルになっています。白や金だけでなく、ピンクやオレンジなども。
今年はじめて見つけたのは、スイカやメロン、キウイなんてのも有りました。
形も今年の干支のイノシシや、何かのキャラクターの様なものも有りました。写真の右側に写っているのはフクロウのダルマ?です。

 

 

今年購入したダルマです。しっかり眼も入れて貰いました。
行事の性格上、曜日に関係無く3・4日に開催されるので、仕事で行けない事もあります。
ここ2、3年は運よくどちらかが土日に重なっていましたが、

来年以降しばらくは平日なので、当分行けそうに有りません。

このダルマとは少し長い付き合いになりそうです。