BLOGブログ

こんにちは! 東京本社です。

 

とっても暑い日が続いておりますね。

今年の京都の祇園祭、花笠巡行が猛暑の為中止とのこと。

ネット界隈では、「応仁の乱」というワードが話題に上がっていますが、これは、祇園祭全体が中止になったのは、1467年に勃発した応仁の乱のときだけだったとのこと。

太平洋戦争のときも一部が中止になっただけだそうでして、ということは、この猛暑は戦争と同じくらいのレベルだ、ということになります。

 

さて、そんな夏の京都に欠かせないのが「ハモ」

いわゆる高級食材ですね。

もちろん、形が似てるだけあって、ウナギのお仲間。

 

そんなハモ料理を先日いただいてきました。

知り合いのお店で「ハモ鍋」をやるから、ということで行ったわけです。

おりしも西日本豪雨の直後。

ハモの仕入れにはずいぶん苦労して、しかも高騰していたと聞きますが、お店でやるから、ということでずいぶんお安くいただくことができました。

仕入れから骨切りをはじめとした仕込みはお店の知り合いの料理人さんがやってくれたので、全て完璧!

 

ハモって骨っぽいイメージがあったけど、今回のは大当たり!

全然そんな感じがなく、いい塩梅の歯ごたえがたまりません。

 

専門店ではないので、器は紙なのですが、それでも十分です。

ちゃんとしたところで食べたら1万円コースのハモ。

 

鍋と雑炊だけではありましたがお腹いっぱい。

”夏”を味わう。

そんなひと時を過ごすことができました。